今回のテーマは、”はじまり”でした。

“はじまり”ということで思い浮かぶ本、思い出など 私の”はじまり”を紹介

“コミュニケーション上達のはじまり”、”読書に興味を持ったはじまりの本”、”日本のはじまり”、”はじめての絵本”、”ある作家のはじまりの本”などそれぞれ紹介しあいました。

『ダブル・ハート』 渡辺 淳一

『どんな問題も解決する すごい質問』 千田 琢哉

『もこもこもこ』 作:谷川 俊太郎 絵:元永 定正

『しろとくろ』 新井 洋行

『いないいないばあ』 作:松谷 みよ子 絵: 瀬川 康男

『逆説の日本史〈1〉古代黎明編―封印された「倭」の謎』 井沢 元彦

『とても温かでとてもせつないきみの絵本』 作:ジュヌヴィエーヴ・カスターマン 訳:さだまさし

『地獄の季節』 ランボオ他

 

 

今回は1名の方が初参加

「おもしろかったです。」

知らなかった作家の本、ディープな内容の本などそれぞれの思い入れが聴けて、自分の幅が少しだけ広がったような….

“子供”というキーワードで思い浮かぶ本、思い出など

“子供”が主人公の本、”子供”のころ好きだった話(本)、”子供”に読んでほしい・おススメの本など
どうぞご紹介下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です